TOP

PRESS RELEASE 企業情報 事業内容 RECRUIT

バーコードシステム

提案・コンサル事例 取り扱い商品 お問い合わせ 弊社の特色・こだわり

TOP > バーコードシステム

 

 

■ 医療機関専門のシステムイノベーター

バーコードシステムをメインに、医療情報システム全般を取り扱っています。

尚、他社システムとの連動リンク化や、散在してるシステムの統廃合化を得意としております。

ケアマネジメントシステム CMS-2
俗に言う看護支援システムに医事部門や、薬局部門などの各専門の部門管理システムと連動・一元管理できる、総称した弊社独自の医療情報システムの名称です。基本的にバーコード入力で通常業務の記録作業や、入力作業を行うシステムです。

ケアマネジメントシステムのメインメニューから各部門別の情報を閲覧・入力することが出来ます。

以下にある部門管理別のシステムをお客様ごとに、選択・選定していただき使いたい機能だけを選んでいきながら、徐々に増やしていくことも可能です。

■看護部門
勤怠管理システム 病床管理システム 病棟日誌記録システム
褥瘡管理システム 看護・介護ケア記録システム 医療/ADL区分管理システム
看護必要度システム 熱計表(フローシート)システム 誤薬防止3点認証システム
リストバンド発行システム 排泄ケア支援システム 職員(看護師)経歴免許管理システム
■医者・ドクター部門
処方箋発行システム インシュリンオーダー  
■医事部門
患者自己負担請求システム 雑費集計管理システム お小遣い金管理システム
診察券発行システム 経費(申請・承認等)管理システム DPCデータ提出様式作成システム
病歴管理システム    
■栄養課部門
栄養管理システム    
■用度部門
医材・衛材物品管理システム 出庫物品経費管理システム 固定資産管理システム
■院内売店部門
POSレジ売上管理システム    

「導入しやすい、作業しやすいシステムに!」

ITシステム化するのが目的ではなく、ITシステム化はあくまでも手段です。

当社のバーコードシステムは、パッケージ化された一般的な情報システムではありません。病院独自の運営に可能な限り沿った、構築型情報システムです。

こちらもぜひともご覧下さい ⇒ 「弊社の特色・こだわり・開発苦労話など」

医療業界では特に、10病院あれば10病院微妙に違った運営スタイルが確立されてあります。その中でいかにそのスタイルを変えないで業務改善をしていくのかが、システムを導入するうえで重要な課題になります。

当社のシステムは5世代目に入りまして、長年の経験と知識を「導入しやすい、作業しやすいシステムに!」を合言葉に積み重ねてまいりました。

導入することによって人間がシステムに振り回されるのではなく、システムを人間が動かすように出来るシステム作りがここにあります。

入力(INPUT)作業なくしてシステム化なし

システムを導入する上で一番の課題は、「情報や記録を入力する業務」です、入力(INPUT)業務がシステム化することにより、業務がより複雑になるシステムが多々あり、しかも相手はコンピューターなので、融通が中々ききません。

特に忙しい病棟業務の中で、通常業務を行いながら新しいシステムに慣れるまでには時間がかかります。ましてや看護師やケアワーカーはパソコンに精通している方が他の部署より少ない傾向にあります。

そこで当社が最終的に行き着いた仕様は、バーコード入力方式のシステムです。

通常入力業務で、パソコンのキーボードを使う必要はこれでなくなりました。

システムは最終的には作業性や稼働率

ユーザー様の最終的な判断(目的)は、システム化することにより、院内の生産性をトータルで上げることだと思います。具体的には、病棟業務の記録業務の転記回数を無くし、患者様へのケアの時間を増やすとか、集計業務のダブルチェックを無くすとか、医事課への伝票提出を一元化により、タイムリーに医事課でも閲覧できるなどです。

そのいろいろな改善課題を大規模なシステムを導入することによって可能になるとは限りません、色々な機能がわかりにくく、さらにはそれを習得することに時間と労力を費やし、結局本来の患者様へのケアやサービスが低下してしまう。本末転倒です。

我々メディカル・ケアセンターは、現実的な段階的な院内システム化をお勧めします。

段階的に機能を増やしていきながら、一挙に全部やるのではなく、これが出来たら次、さらにこれが出来たら次という具合に、少しずつ増やしていくのが最終的には大きな生産性向上という成果につながると経験上実感しています。

システムを導入したけど、結局使っているのは一部の機能だけで、「使えない」という経験はないでしょうか?

機能が100あるとして、そのうちいくつ位使いこなせていますか?

システム稼働率をあげるためには不可欠なサポート対応

導入時、作業性を認識していただき、稼働率を上げて「使っていただく」こと以上に、「使い続けていただく」事のほうが難しい。

継続は力なり

弊社、メディカル・ケアセンターは導入後の定期的な勉強会、打ち合わせには積極的に参加させていただきます。

ドクターや職員の入れ替わりの激しい病棟は、職員が入れ替わる都度、システム稼働率が変化し、低下する傾向にあります。

高い稼働率を維持する難しさが医療現場には現実として壁になっています。

院内のシステム担当者が専任で継続的に、フォローできればよいですが、院内のITに詳しい担当者がおられる病院は意外と少なく、システムの稼働率を高く維持できない場合があります。

弊社は稼働率維持の継続のためにも他社より導入後の勉強会に力を入れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

HOME

Copyright(c)1999-.Medical Care Center Co.,LTD. All Rights Reserved.